中国語会話教室をおすすめしたいタイプの方

中国語教室に通うかどうか検討している段階で多くの方が金銭的な理由により辞退されることが多いと思います。(費用については【こちらの記事】を参照してください)

それを踏まえておすすめしたいタイプの方は以下の3つの条件が全てクリアできるタイプの方に限定されます。それは・・

お金にかなり余裕のある方

私も含めて多くの方がここで脱落するのかと思います。週一回で2年間(100週分)通うとなると大体20~30万円かかるというのを前回の記事で書いています。

費用対効果を考えると多くの方は「自分で学べる部分は独学でもOKかな」という結論に達することでしょう。しかし、金銭的にかなり余裕のある方にとっては中国語教室に通えさえすれば教えてもらえるので楽に学べます。

もちろん予習・復習は自分で管理しないと学習期間が長くなり費用もかさむことになるので注意が必要です。

時間にかなり余裕のある方

金銭的にある程度余裕のある世代の方の中には仕事に忙しくしておられる方も少なくありません。会社帰りに教室に通うとなるとプラス1時間(そして通学と帰宅の時間)を考えなければなりません。

週末は自宅であれば勉強できるかもしれませんが、わざわざ電車やバスを乗り継いでまで教室に通うのは時間のロスと感じる方も少なくないでしょう。

一方すでに退職された方であれば時間的にかなり余裕があるかもしれません。教室によっては平日の午前・午後も授業を行なっている(恐らく中高年者対象のクラス)ので参加してみても良いでしょう。

近所に教室が存在する方

大都市圏から離れると近所に教室がある確率が大きく下がります。地方に行くと車で教室へ通わなければならず、片道1時間なんてよくある話です。

往復2時間かかるとなると、その分家で勉強していたほうが効率が上がるので近所に教室がないと通うのを躊躇してしまうかもしれませんね。まさに「時は金なり」なのです。

条件がそろう方はごく少数

上記の3つの条件がそろう方はごく少数派に属すると思います。主に定年退職された方が中心になるのかなぁということろですね。

もちろん中国語の教室に通わなければ学べないわけではないので、あきらめることなく代替案を講じることができるでしょう。その一つの方法としては中国語の教材を活用することです。

≫≫ 入門者向けの文法教材はこちら

このページの先頭へ