電子辞書徹底比較~カシオVSキャノン~

中国語電子辞書
【左がキャノンのV923で右がカシオのXD-GF7350】

私はカシオとキャノン両方持ってます

本格的に中国語を学ぶ方が必ず1台は持っておきたいのが電子辞書です。書籍タイプの辞書よりも圧倒的に調べる速さが違うので、管理人は専ら電子辞書を使っています。

1台目はキャノンのワードタンクV903、2台目はカシオのXD-GF7350を、3台目はキャノンのV923を購入しました。

カシオかキャノンのどちらかを選ぼう

電子辞書を購入するとしたら、カシオかキャノンの2大メーカーのどちらかになります。セイコーやシチズンからも電子辞書が出されていますが、力を入れて開発しているのは今のところカシオとキャノンだけなので、このいずれかを選ぶのが賢明です。

最新のキャノンのワードタンクZ800とカシオのエクスワード XD-B7300を比べてみましたが、何と!基軸となるメインの中日辞書が「小学館 中日辞典 第2版」と同じなのには驚かされました。(2012年現在)

これで正直言ってどちらを選んでも同じかなぁと感じました。カシオの方がおまけ的に百科事典とか多く含まれているので幅広く楽しみたい方はカシオをおすすめします。

ただ、中国語学習がメインなので使う頻度などを考えるとどちらでも良い気がします。私も辞書以外はほとんど使いませんので・・

最終的には好みで選ぶのもよし

どちらもカラー液晶タッチパネルなので、従来のように画面の暗さも気になりませんし、電池の持ち時間も長いので大きなストレスにはならないでしょう。最終的にはデザインや好みの違いで選んでも良いので、実際にサイトを見て比べてみてください。

追加情報:2016年現在ではキャノンをおすすめしない理由

下記の2つは全体的に最安値で購入できるAmazonのサイトです。カシオとキャノンの両方を比較してみると一目瞭然ですが、カシオに完全に軍配が上がっています。

私が今でも使っている電子辞書は「モノクロ」ですが、今やディスプレイがカラーの時代に入ってからは完全に二分されてしまったようです。

下記のAmazonのレビューは非常に参考になるのでご覧になってから決めた方が後悔しないと思います。今の時点で私が電子辞書を購入するとしたら間違いなくカシオを選ぶことでしょう。
 
カシオ:EX-word XD-N7300WE

キヤノン:wordtank Z900

 

このページの先頭へ