中国語会話教室へ通うことのメリット

これから中国語会話教室へ通おうと思われている方向けの内容です。実際に通うことで得られるメリットは何かを把握してから考慮されることをおすすめします。

金銭面的な部分をクリアしてなおかつ他の2つの条件を満たしている方は通うことで得られるメリットは大きいと言えるでしょう。

会話力が身に付く

一対一の授業を選択できる資金力があれば長期間学ぶことによって会話の実践的な力が身につきます。

週に一回通うとして、最初の2~3ヶ月目あたりまでは慣れるための助走期間となりますが、講師とも仲良くなり打ち解けてくれると徐々にコニュニケーションが容易になってきます。

自分と講師しかいないので、周囲の生徒を気にせずに自分の望む仕方で発言や質問ができるのは大きなメリットです。コニュニケーションは一種の「慣れ」も関係してくるので、長期間通えるのであればそれなりの力が身に付くでしょう。

独学よりも楽な面がある

講師一人対複数人で授業を聞く形式に当てはまりますが、教室まで行くことがでれば授業を聞くことができます。

独学だと能動的に学習を進めてゆかなくてはならないのである程度の『意志の強さ』が求められますが、教室に通える方であればある程度『受動的』であっても内容は頭に入ります。

もちろんコミュニケーションの部分を鍛えるのであれば能動的に発言してゆく必要はありますが、「インプット中心の学習」を望まれる方にとっては楽な学習法と言えます。

直接中国人と接することができる

これも意外と大きなメリットだと思います。日本にも中国人は大勢いますが、学習者のほとんどが直接中国人と交流できる機会は少ないのでないでしょうか。(関連記事:中国人の探し方

中国語を学んでいるのであれば中国人とも接してみたいと思うのは当然のことです。自分の語学力を使ってみたいと思う方もいるでしょうし、コニュニケーションを図りたいという方もいるはずです。

自力で中国人を探して知り合いになるというのはあまり現実的な選択肢とはいえないでしょう。教室に通うことによって中国語を学ぶとともに中国人とも交流を図れるのもメリットの一つといえるでしょう。

≫≫ 入門者向けの文法教材はこちら

このページの先頭へ